リヴァプールは4日、チームを率いるブレンダン・ロジャーズ監督の解任を発表した。

 同監督は2012年6月に就任すると、2年目の2013-14シーズンにはプレミアリーグで最終節まで優勝争いを展開した。今シーズンはこれまで3勝3分け2敗の10位と苦しんでおり、4日に行われたリーグ戦第8節、エヴァートンとの“マージーサイド・ダービー”で引き分けに終わってから約3時間後の解任発表となった。

 セルビア紙『Pravdabl』は、ドルトムントを退団しフリーとなっているユルゲン・クロップ氏とすでに3年契約で合意に至ったと報じているが、クラブ側は「現在、新監督を探している。覚悟の上で早急に契約を結べることを願っている」と発表している。


ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151005-00356706-soccerk-socc

続きを読む