ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

スペイン代表GKダビド・デ・ヘア(24)が、マンチェスター・ユナイテッドで長くプレーを続ける決心をした。2019年までの新契約を締結した。

今夏には、レアル・マドリーへの移籍が長く噂され続けた。移籍市場最終日にクラブ間で合意に至ったが、どこかでミスが起こったために登録が間に合わず、移籍は失敗。両クラブが互いを非難し合っていた。

今季いっぱいで契約が満了となるはずで、今後の動きも注目されていた。だがデ・ヘアは気持ちを切り替え、マンチェスター・ユナイテッドで戦い続けることを望んだようだ。

クラブが4年の契約更新を発表。クラブ公式サイトでデ・ヘアは、「僕のユナイテッドでのキャリアにおける新たな章をスタートすることをうれしく思っている」と話している。

移籍市場終盤には、レアル・マドリー行きに気持ちが揺れるデ・ヘアをルイス・ファン・ハール監督が憂慮。プレミアリーグへ向けてのメンバーに招集しない状態が続いていた。

獲得を狙っていたレアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は、来年1月の獲得を否定。来夏の移籍市場については、「今は考えていない」と話していた。

(C)Goal.com
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150911-00000029-goal-socc


続きを読む