タグ:リヴァプール

728: 2015/10/16(金) 17:27:53.52 ID:D4VPipm/0.net
新生リヴァプールがやや有利 データもクロップを後押し

就任早々、“ゲーゲンプレス”など仕掛けるはずがない。いや、仕掛けられない。ブレンダン・ロジャーズ体制下のリヴァプールは、守備面の約束事が曖昧だった。だれが第一ディフェンダーなのか、相手の攻撃を遅らせるのか、ボールを奪いにいくのか、明確なルールは設定されてはいなかった。

しかもユルゲン・クロップ新監督は、着任からわずか10日でアウェーのトッテナム戦を迎える。その間にインターナショナルマッチ・ウィークが入っていたため、多くの主力がメルウッドの練習場を離れていた。ゲーゲンプレスを云々する時間どころか、みずからのコンセプトを説明する時間も足りない。いきなり本領発揮を期待するのは、あまりにもムシがよすぎる。

さらに、ボルシア・ドルトムントを率いていた際にはおそらく経験していない、“ランチタイムキックオフ”の洗礼も待っている。通常の試合開始時間より2~3時間も早いため、睡眠時間、食事の摂取量などのコンディション調整が難しく、なおかつ今回はインターナショナルマッチ・ウィークの後だ。心身ともボヤケている選手も少なくはないだろう。

ダウンロード

続きはコチラ↓
http://www.jsports.co.jp/press/article/N2015101516450302.html
粕谷に有利と言われてしまった


続きを読む


リヴァプールは4日、チームを率いるブレンダン・ロジャーズ監督の解任を発表した。

 同監督は2012年6月に就任すると、2年目の2013-14シーズンにはプレミアリーグで最終節まで優勝争いを展開した。今シーズンはこれまで3勝3分け2敗の10位と苦しんでおり、4日に行われたリーグ戦第8節、エヴァートンとの“マージーサイド・ダービー”で引き分けに終わってから約3時間後の解任発表となった。

 セルビア紙『Pravdabl』は、ドルトムントを退団しフリーとなっているユルゲン・クロップ氏とすでに3年契約で合意に至ったと報じているが、クラブ側は「現在、新監督を探している。覚悟の上で早急に契約を結べることを願っている」と発表している。


ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151005-00356706-soccerk-socc

続きを読む

ダウンロード
続きを読む


リヴァプールのレジェンドである元ドイツ代表MFディートマー・ハマン氏が、同クラブの次期監督としてドルトムントの前指揮官であるユルゲン・クロップ氏を推薦した。イギリス紙の『エクスプレス』が14日付で報じている。

 12日に行われたプレミアリーグ第5節で、マンチェスター・Uとの“ノースウェスト・ダービー”を1-3で落としたリヴァプール。これにより、チームを率いて4年目のブレンダン・ロジャーズ監督に対する否定的な見方が、早くもファンの間で生じているようだ。

ダウンロード

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150915-00350383-soccerk-socc

続きを読む

 

LAギャラクシーへ加入した元イングランド代表MFスティーブン・ジェラードが自著『My Story』でリバプール時代のチームメイトFWマリオ・バロテッリ(ミラン)について、赤裸々に綴っている。『ESPN』がその内容を報じた。

ブレンダン・ロジャース監督とバロテッリの最初の衝突について、ジェラードは振り返った。「守備の練習をしている時、すぐにロジャース監督の元に行って彼(マリオ)はこう言ったんだ。『俺はマークはしない。できないんだ』ってね」

 元イングランド代表MFは「ポストに向かって倒れ込みそうになったよ。『なんだお前は?身長が190cmあって、これまで見た中でも随一の肉体を持つ男がCKの時にマークもできないっていうのか』って思ったんだ」と明かした。

「ブレンダンはそれでもとても落ち着いてバロテッリに言った。『君ならできる。もしできないなら学べばいい』とね」

 指揮官を庇ったジェラードは「それがブレンダンとバロテッリの最初の衝突だった。ただ監督はバロテッリのことを本当によく我慢したと思う。監督の努力もあって、バロテッリはCKの時にマークにつくようになったんだ」と明かしている。

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150915-01084213-gekisaka-socc

続きを読む

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

マンチェスター・U 3-1 リヴァプール

【得点者】
1-0 49分 デイリー・ブリント(マンチェスター・U)
2-0 70分 アンデル・エレーラ(マンチェスター・U)
2-1 84分 クリスティアン・ベンテケ(リヴァプール)
3-1 86分 アントニー・マルシャル(マンチェスター・U)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150913-00349422-soccerk-socc

続きを読む

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

12日に行なわれるリヴァプールとの大一番を前にして、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)のMFフアン・マタはこの試合の重みについて話した。クラブ公式サイトが伝えている。

「両チームのライバル関係には歴史がある。試合がある週が始まると、それが感じられるんだ。信じられないことだよね。僕にとって最初のリヴァプール戦で負けた時は本当に残念だったし、試合の雰囲気やファンの皆から落胆する気持ちが伝わってきたよ」

2014年1月にチェルシーから加入したマタにとっての最初のリヴァプール戦はホームでの対戦だったが、結果は0-3での完敗。敗戦の重みも他のゲームとは違ったものであると痛感した試合だった。

「でも、昨シーズン3-0で勝って、アンフィールドでも勝てた時は一生忘れられない経験になったよ。僕らにとって本当に大きな試合なんだ」

リヴァプールの本拠地アンフィールドに乗り込んだ昨シーズンの対戦で、マタは2ゴールを挙げる活躍を見せ、2-1の勝利に導いている。今回の対戦ではどのようなパフォーマンスを見せてくれるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150911-00010021-theworld-socc

続きを読む

↑このページのトップヘ