バルセロナは17日、MFラフィーニャが右ひざ前十字靭帯の断裂で近日中に手術を行うと発表した。復帰時期については発表していないが、スペイン紙『マルカ』は、良くてシーズン終盤の復帰と伝え、今季絶望の可能性もあるという。

ナインゴランは、この試合でラフィーニャに激しいタックルを浴びせ、このタックルで負傷したラフィーニャは右ひざの前十字じん帯を断裂して長期離脱を余儀なくされている。

 ラフィーニャは16日、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)グループリーグ第1節のローマ戦に後半16分から途中出場した。しかし、その4分後の同20分にMFラジャ・ナインゴランのタックルを受けて、負傷交代を余儀なくされた。同選手は今月ブラジル代表としてデビューしたばかりだった。

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150917-01094474-gekisaka-socc
続きを読む