タグ:モウリーニョ

1: 2015/10/04(日) 19:29:59.93 ID:???*.net
アブラモビッチ会長は怒り心頭も、即時解任はなし

 不振にあえぐプレミアリーグ王者チェルシーは、引き続きジョゼ・モウリーニョ監督にその命運を託すことを決めたようだ。
英地元紙「デイリー・メール」によれば、10月3日のサウサンプトン戦に1-3で敗れた試合後、
このポルトガル人指揮官は、ロマン・アブラモビッチ会長ら役員を交えて緊急会談を行い、続投の方向で意見が固まったという。

チェルシーは現在、リーグ戦の成績が2勝2分4敗と負けが先行。盤石の戦いぶりでリーグを制した
昨季の敗戦数(3敗)をすでに上回った。試合後に辞任する意思がないことを明かしていたが、
暫定16位に沈むなど、2013年夏に発足した第2期モウリーニョ政権最大のピンチを迎えている。

 アブラモビッチ会長も、このところの低調ぶりに怒り心頭のようだが、それでも、
モウリーニョ監督の即時解任にはつながらないという。このロシア人オーナーは、
ここでモウリーニョ監督を解任すれば、彼が再びクラブに戻ってくることはないと理解している。
衝動的な決断で後悔することのないよう踏みとどまっていると、レポートされている。
 
 本人曰く、「キャリア最悪の時」を過ごしているというモウリーニョ監督。自身最大のピンチを迎えているが、
未だクラブ幹部からの信頼は厚いようだ。
 
「チャンピオンになるのは難しい」と、今季のリーグタイトルに関してはすでに白旗を揚げているが、
自らを“スペシャル・ワン”と称するカリスマ指揮官は最低限のノルマとも言える「トップ4入り」に向けて闘志を燃やしている。

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151004-00010011-soccermzw-socc

続きを読む


 19日に行われたプレミアリーグ第6節で、アーセナルはアウェーでチェルシーと対戦し、0-2の敗戦を喫した。試合後、アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は中継を行っていたイギリスメディア『BTスポーツ』のインタビューに応え、イギリス紙『ガーディアン』がコメントを伝えている。

不当だ。D・コスタにレッドカードが提示されるべきだったと思う。彼が退場になるべきシーンは2度あった」と、不満を口にした。

クロスが上がる直前をよく見てほしい。彼は故意にローラン・コシェルニーの顔を殴っていた。それから騒ぎだしたんだ。どんな試合でも挑発はあるが、彼は審判の死角でそれをやるから、罰せられることはない」と、結果的にガブリエウを退場に追い込むこととなったD・コスタの行為を批判している。

 一方で、「挑発に乗ってしまった我々も悪い。D・コスタはそのことだけを考えて、触れようものなら殺されたかのように倒れまわることなんて、試合前から知っていたのに」と同選手への批判を付け加えながらも、アーセナルの落ち度を反省した。

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150920-00351801-soccerk-socc

続きを読む


指揮官に処分が下るのか!?

 ジョゼ・モウリーニョ監督がクラブのエバ・カルネイロ医師に対して侮辱的、あるいは性差別的な言葉を使ったとして、イングランドサッカー協会(FA)の正式な調査が入ることになった。英「BBC」が報じている。

 8月8日のプレミアリーグ開幕戦スウォンジー戦(2-2)で、カルネイロ医師が行った医療行為をモウリーニョ監督が公然と批判した問題が、大きな波紋を広げている。

 FAのレギュレーションによれば、こうした侮辱的発言を行った選手・監督には処分が与えられ、5試合の出場停止につながる可能性があるとリポートされている。ただし、今回の事件で法 的措置にまで至る可能性は低いと見られている。

   カルネイロ医師は第2節のマンチェスター・シティ戦以降、モウリーニョ監督により試合の帯同メンバーから外され、いまだに復帰を果たしていない。国際サッカー連盟(FIFA)でも議論が行われるまでに至った今回の問題だが、最終的にはポルトガル人指揮官が処分を受ける可能性も出てきたようだ。

ダウンロード

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150918-00010012-soccermzw-socc

続きを読む


スペシャルワンは、ダービー前もスペシャルだった。チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は、アーセナルとの試合を前にした会見でも、“らしさ”全開で記者たちを魅了している。

普段とはまた違う緊張感のあるダービーだ。アーセナルはミッドウィークのチャンピオンズリーグで、格下とみられたディナモ・ザグレブに敗れている。チェルシーは今季ここまでのプレミアリーグで1勝しかしていない。

こうした状況で迎える、ともに負けられないロンドンダービー。だが、チームを取り巻く雰囲気さえもコントロールするのが名将だ。試合前の会見で、モウリーニョ監督はよく目立つ攻撃的な発言ではなく、周囲を自分のペースに巻き込む言葉で魅了している。

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150918-00000026-goal-socc

続きを読む


現地時間16日(以下現地時間)に行なわれたチャンピオンズリーグ(以下CL)で、ホームでマッカビ・テルアビブ(イスラエル)を4対0と下したチェルシー(イングランド)。ジョゼ・モウリーニョ監督は久々の勝利に胸をなでおろした。

「非常に長いこと勝てていなかったから、勝利の味を忘れていたよ」

「君らが考えていることは分かる。我々はレアル・マドリーやバルセロナ(以上スペイン)、バイエルン(ドイツ)を倒したわけじゃない。しかし、誰にとっても負けた後に目覚めるのは非常に難しいと、想像できるだろう」と安堵した。

 また、「勝たなければいけない試合で、開始5分でのPK失敗は、良いテストとなった。そこからの巻き返しに満足したよ」と、MFエデン・アザールのPK失敗を乗り越えて4ゴールを奪ったチームを称えている。

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150917-00000016-ism-socc

続きを読む


UEFAチャンピオンズリーグ・グループ第1節でチェルシーとマッカビ・テル・アビブが対戦する。

昨季イングランド王者チェルシーの対戦相手はイスラエル王者マッカビ。戦力の差は歴然ながら、チェルシーにも不安要素はある。リーグ開幕5試合で1勝1分け3敗という、近年でも例を見ないスロースタートを切っており、ピッチ上のパフォーマンスからも昨季のようなエネルギーが感じられない。CLで勝利を収め、勢いをつけたいところだ。

チェルシーは先日、正守護神のティボー・クルトワが半月板の剥離骨折の手術を行い、約3ヶ月の離脱をすると発表した。そのため、このマッカビ戦では第2GKアスミル・ベゴビッチが先発すると見られている。左サイドバックの位置にはアウグスブルクから獲得したラフマン・ババが入ると見られている。

試合は日本時間17日午前3時45分キックオフ予定。

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150916-00010022-theworld-socc

続きを読む


モウリーニョ得意の“挑発”は、18歳の愛娘にも受け継がれている。ロンドンのロイヤル・オペラハウスで行われた雑誌『GQ』の式典で“スペシャル・ワン”の愛娘マチルダさんは、レッドカーペットで多くの男性陣の視線を釘付けにした。
その隣で、父親はむっつり顔。撮影されている間、一度たりとも仏頂面を崩すことはなかったという。イギリスメディアによると、モウリーニョがこの式典に参加したのは、マチルダさんに説得されたからだという。


すっかり大人の女性となったマチルダさん。一人で行かせたくないというのは、父親心かもしれない。マチルダさんは今年、人気イギリスバンド「ワン・ダイレクション」のナイル・ホーランとパーティーに参加した様子を写真に撮られていた。ナイル側の関係者は「ただの友人です」と説明している。それでも、どこの馬の骨とも分からない男と一緒に行くくらいなら…、とチェルシーのボスが重い腰を上げたのかもしれない。

娘を守るべく目を光らせる指揮官。この冷徹な守備を突破できる男はいるのだろうか?

(C)Goal.com
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150910-00000031-goal-socc

続きを読む

↑このページのトップヘ