タグ:モイーズ

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

長年エヴァートンを率いた後、2013-14シーズンにマンチェスター・ユナイテッドの指揮官に就任したモイーズ監督は、シーズン終盤の昨年4月に退任を余儀なくされた。その後、昨年11月にソシエダの監督となり、1年目のリーガエスパニョーラを12位で終えている。

そんなモイーズ監督に、プレミアリーグ復帰の可能性があったという。スペイン『El Diario Vasco』のインタビューに答えたモイーズ監督は、いくつかのオファーを受けながらも、ソシエダでの指揮を続けることを決断したと語っている。

「夏にプレミアリーグの多くのクラブからオファーを受けた。でも、ここに残ることに決めたんだ。このクラブのプロジェクトと、私がよく知っている選手たちのことを信じているからね」

ソシエダは今季、リーガエスパニョーラ開幕2試合で2分けのスタートを切った。モイーズ監督はファンの期待を感じつつ、さらなる上昇を目指している。

「ソシエダのファンは素晴らしい。彼らは、我々が常に上位を争うクラブに加わろうとしていることを知っている。ここでの経験を本当に楽しんでいるよ。クラブとの関係も良く、とても幸せだ」

(C)Goal.com
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150907-00000004-goal-socc

続きを読む

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

ルイス・ファン・ハール監督は、名門マンチェスター・ユナイテッドのトップに就任してから2シーズン目を迎える。昨シーズンはトップ4入り復帰を果たし、2シーズン振りとなる欧州チャンピオンズリーグ出場権をもたらした。

 しかし、英地元紙「メトロ」によると、次節で就任から公式戦51試合目となるファン・ハール監督が勝ち星を逃した場合、現在レアル・ソシエダを率いるデイビット・モイーズ前監督のユナイテッドでの公式戦51試合勝利数と同数で並ぶことになると指摘されている。

 ファン・ハール監督は就任から50試合を消化しており、成績は27勝12分11敗。得点数は81点で、失点数が47点となっている。

 一方、モイーズ監督は、マンUでの51試合で27勝9分15敗という成績だった。得点数は86点で、失点数は54点となっている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150905-00010011-soccermzw-socc

続きを読む

↑このページのトップヘ