タグ:ミラン


SNS使用頻度は減っても面白いバロテッリ クラブからSNSの使用を極力控えるようにと指示を受けているミランFWマリオ・バロテッリだが、使用を一切禁じられているわけではない。使用頻度は減っても、彼の発言は毎回注目を集めてしまうのだ。

『ガゼッタ・デロ・スポルト』によると、バロテッリはTwitterで「俺はカップルのような本当の愛を感じたことがないんだが、俺は何か間違っているのか?」と発言。これが元パートナーのラッファエッラ・フィーコのことなのか、娘のピアのことかは分からないが、これを見たファンからはアドバイスや冗談を交えた反応があった。

これについてバロテッリは、「俺は皆からの称賛や批判を読むのが好きだけど、そうやって真剣に考えないでくれよ。まだ若いんだからさ」とコメント。それでもバロテッリの発言は思わず反応してしまうところがあるのだろう。

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

www.theworldmagazine.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150919-00010007-theworld-socc


続きを読む

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

今夏リバプールからミランに復帰したイタリア代表FWマリオ・バロテッリだが、恩師のロベルト・マンチーニ監督が驚愕のプランを明かした。11日、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 マンチーニ監督は「ミランがバロテッリを獲得していなければ、我々は移籍市場の終盤で彼を獲得していただろうね」と語り、同選手の獲得を狙っていたことを明かした。バロテッリはインテル下部組織に育ち、2007年から2010年まで同クラブに在籍したものの自身はミラニスタであることを公言している。

 バロテッリとマンチーニ監督はマンチェスター・シティ時代に師弟関係にあり、指揮官は再び同選手を指導したいと考えていたようだ。ミラノダービーでは敵として相対する両者だが、果たしてどちらが勝利することになるのだろうか。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150912-00010013-footballc-socc

続きを読む

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450 

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、バロテッリはスピード違反を起こしたようで、先日、愛車のランボルギーニに乗って故郷のブレシアを訪れた際に、法定速度50kmの道路を90km以上で走行してしまった模様。バロテッリは抗議をせずに「速度制限に気付いていなかった」と話したようだが、一時的に免許停止となり、最終的な措置は今後取られることになると報じられている。

 ミランは、過去に数々の問題を起こしてきたバロテッリを獲得するにあたり、契約条項の中に「過度に派手なヘアスタイルはやめること」「喫煙をやめること」など、さまざまな条件を盛り込んだようだが、加入から1か月も経たない内に問題児の本領を発揮してしまったようだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150907-01050911-gekisaka-socc

続きを読む

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

来週末イタリア・セリエAで行われるインテルとACミランのダービーを前に、マリオ・バロテッリの登場を待ち望んでいるファンも少なくないだろうが、ACミランのシニシャ・ミハイロビッチ監督は「体重オーバー」を理由に、起用の決断を保留している。

 1シーズンの期限付きでACミランに戻ったバロテッリは、代表ウイークの3日に行われた3部マントヴァFCとの親善試合でロングシュートを決めるなど、ゴール勘がにぶっていないことを証明したが、指揮官はフル出場にはほど遠いと考えているようだ。

 ミハイロビッチ監督は、伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトに対し「(バロテッリは)しばらくプレーしていなかったから、改善点がたくさんある」と語ると、「よく練習しているし、体力テストの結果もまあまあだが、3キロ重いんだ。彼にはダイエットをしてもらっていて、準備ができたら出場させる」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150905-00000015-jij_afp-socc

続きを読む

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

ミランは3日に3部マントヴァとの親善試合を行い、3-2の勝利を飾った。リヴァプールから復帰したFWマリオ・バロテッリが1ゴール1アシストと早速の結果を出したが、シニシャ・ミハイロビッチ監督はチームの戦いぶりに大いに不満を残したようだ。

MF本田圭佑ら代表選手が不在の状況での試合に、ミハイロビッチ監督はGKアッビアーティ、DFアバーテ、アレックス、モンドニコ、ズッケッティ、MFポーリ、モントリーヴォ、ノチェリーノ、ボナヴェントゥーラ、FWチェルチ、バロテッリというメンバーを先発起用。開始3分でバロテッリがエリア外から鮮やかなシュートでの先制点を奪った。

だが、前半のうちにマントヴァが2点を奪って逆転。37分にはバロテッリのアシストからアンドレア・ポーリが同点とし、後半に交代出場のFWルイス・アドリアーノが決勝点を奪った

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150904-00000012-goal-socc

続きを読む

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

ミランは3日、3部リーグのマントヴァと親善試合を行った。この試合に先発出場したFWマリオ・バロテッリは、1得点1アシストと大活躍している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150904-00000006-goal-socc

続きを読む

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

パリSGに所属するFWズラタン・イブラヒモビッチが今夏の移籍市場で古巣であるミランから具体的なオファーが届いていたことを明らかにした。英『BBC』がイブラヒモビッチのコメントを伝えている。

 スウェーデン代表FWを巡っては、今夏の移籍市場でMLS(アメリカ)のクラブや古巣・ミランなどが興味を示していると報じられていた。移籍市場が閉じて迎えた2日、同代表としての記者会見に臨んだイブラヒモビッチは「最初から言っていることだが、パリSGに残るつもりだった。ここ(PSG)で満足している」と語った。

 また「ミランからは具体的なオファーが届いたし、彼らは俺に大きな関心を持っていた」と明かすと、「俺は関心を持ってくれるチームがいることを賛辞と受け取る。まだまだ一線でプレーできると意味しているんだとポジティブに受け取るよ」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150903-01031278-gekisaka-socc

続きを読む

↑このページのトップヘ