タグ:ミハイロビッチ

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

来週末イタリア・セリエAで行われるインテルとACミランのダービーを前に、マリオ・バロテッリの登場を待ち望んでいるファンも少なくないだろうが、ACミランのシニシャ・ミハイロビッチ監督は「体重オーバー」を理由に、起用の決断を保留している。

 1シーズンの期限付きでACミランに戻ったバロテッリは、代表ウイークの3日に行われた3部マントヴァFCとの親善試合でロングシュートを決めるなど、ゴール勘がにぶっていないことを証明したが、指揮官はフル出場にはほど遠いと考えているようだ。

 ミハイロビッチ監督は、伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトに対し「(バロテッリは)しばらくプレーしていなかったから、改善点がたくさんある」と語ると、「よく練習しているし、体力テストの結果もまあまあだが、3キロ重いんだ。彼にはダイエットをしてもらっていて、準備ができたら出場させる」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150905-00000015-jij_afp-socc

続きを読む

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

ミランは3日に3部マントヴァとの親善試合を行い、3-2の勝利を飾った。リヴァプールから復帰したFWマリオ・バロテッリが1ゴール1アシストと早速の結果を出したが、シニシャ・ミハイロビッチ監督はチームの戦いぶりに大いに不満を残したようだ。

MF本田圭佑ら代表選手が不在の状況での試合に、ミハイロビッチ監督はGKアッビアーティ、DFアバーテ、アレックス、モンドニコ、ズッケッティ、MFポーリ、モントリーヴォ、ノチェリーノ、ボナヴェントゥーラ、FWチェルチ、バロテッリというメンバーを先発起用。開始3分でバロテッリがエリア外から鮮やかなシュートでの先制点を奪った。

だが、前半のうちにマントヴァが2点を奪って逆転。37分にはバロテッリのアシストからアンドレア・ポーリが同点とし、後半に交代出場のFWルイス・アドリアーノが決勝点を奪った

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150904-00000012-goal-socc

続きを読む

↑このページのトップヘ