タグ:マンU

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

マンチェスター・Uに所属するスペイン代表MFフアン・マタが、レアル・マドリードへの移籍が不成立で終わったチームメイトの同代表GKダビド・デ・ヘアについて語った。イギリスメディア『BBC』が2日に伝えている。

「彼はプレーをしたいと強く願っているし、完璧なプロフェッショナルだ。僕には今までと同じ様子に見えるよ。落ち着いてリラックスしている。ここ数日は彼にとって大騒ぎだった。僕は友だちだから、彼が必要としているときにいつでもそばにいる。ダビドは代表戦の2試合のことだけを考えているよ。代表に呼ばれたことはいいことだし、今までのキャリアと同様に彼はプロフェッショナルな態度を示していくよ」

「それに、彼の性格がこういう時には助けになるよ。プレッシャーやストレスがきつい時ほど、いいプレーを見せることができる性格なんだ。それが、ピッチの内外で彼を助けていくだろう」

「素晴らしいGKだとみんなが知っているし、どこでプレーをしても貢献できる。サポーターの後押しもあるし、チームも彼を助ける」

マンチェスター・U所属のイングランド人MFアシュリー・ヤングも同メディアのインタビューで、代表ウィークから戻ってくれば誰もが「正しい方向に向く」と明言。過去2シーズンに渡ってクラブ最優秀選手に選ばれたデ・ヘアについては、「彼はプロフェッショナルだ。今までもそうだったし、これからもそれは変わらない」と語っている。


続きを読む

ダウンロード

マンチェスター・ユナイテッドは移籍市場最終日の1日にモナコからFWアントニー・マルシャルを獲得した。しかし、ユナイテッドで9番を背負うことになったマルシャルのことをFWウェイン・ルーニーは知らなかったようだ。『ESPN』が報じている。

 8月30日に行われたスウォンジー戦(1-2)後、移動の機内でルーニーはフランス代表のMFモルガン・シュネデルランに「マルシャルって誰なの?」と聞いたという。マルシャルの獲得が近づくと噂されるなかで主将が抱いた素朴な疑問だった。

「イングランドではあまり報道がないからね」とルーニーを庇ったシュネデルランは「昨季のモナコで多くの試合に出場し、大きな可能性を持つ素晴らしい選手だよ」とフランス代表の同僚・マルシャルについて説明。「ティエリ・アンリに似ているんだ」と話したという。

 これを受けて、2日に行われたフランス代表の会見に出席したマルシャルは「ルーニーが僕を知らないのは普通のことだと思う」と大人な対応。「僕はルーニーから多くのことを学んでいきたい」と語った。

 10代の選手では史上最高額となる3600万ポンド(約66億円)の移籍金が注目を集めるが、フランスの新星は「その価値を証明するのが僕の責任。僕のような若い選手にとってはクレイジーな金額だけど、外の声は無視してピッチにだけ集中しようと思う」と語っている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150903-01032179-gekisaka-socc

続きを読む

↑このページのトップヘ