大型補強の割には……

ヴォルフスブルクからケビン・デ・ブライネ、バイエルンからバスティアン・シュバインシュタイガー、ホッフェンハイムからロベルト・フィルミーノと、今夏のプレミアリーグの補強は凄まじかった。2016年からは放映権料も跳ね上がるため、さらに動きは活発になっていくかもしれない。

しかしバイエルンの英雄であるフランツ・ベッケンバウアー氏は、プレミアリーグにワールドクラスの選手はいないと切り捨てた。バイエルンもそうだが、ドイツは今夏に各クラブのエース級をプレミアリーグに取られている。その恨みもあってか、プレミアリーグに厳しい指摘をしている。

彼らは誰でも獲得出来るわけじゃない。クリスティアーノ・ロナウド、メッシ、イブラヒモビッチ、そして我々のミュラーとね。ドイツにはいるけど、プレミアリーグにワールドクラスの選手はいないよ

スター選手の多さで強さが決まるわけではないが、大型補強を行ったはずのプレミア勢はチャンピオンズリーグで苦戦している。唯一勝利したチェルシーがマンチェスターの2クラブなどと比べて静かな夏を過ごしたことを見ても、マンチェスター勢のチャンピオンズリーグでの戦いは何とも虚しい。

プレミア勢は今夏も大枚をはたいたが、値札だけでワールドクラスかを判断するのは早計だ。今夏の補強でプレミアは強くなったのか。今季のチャンピオンズリーグも1つの指標となりそうだ。

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

www.theworldmagazine.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150919-00010000-theworld-socc

続きを読む