タグ:チェルシー

1: 2015/10/04(日) 19:29:59.93 ID:???*.net
アブラモビッチ会長は怒り心頭も、即時解任はなし

 不振にあえぐプレミアリーグ王者チェルシーは、引き続きジョゼ・モウリーニョ監督にその命運を託すことを決めたようだ。
英地元紙「デイリー・メール」によれば、10月3日のサウサンプトン戦に1-3で敗れた試合後、
このポルトガル人指揮官は、ロマン・アブラモビッチ会長ら役員を交えて緊急会談を行い、続投の方向で意見が固まったという。

チェルシーは現在、リーグ戦の成績が2勝2分4敗と負けが先行。盤石の戦いぶりでリーグを制した
昨季の敗戦数(3敗)をすでに上回った。試合後に辞任する意思がないことを明かしていたが、
暫定16位に沈むなど、2013年夏に発足した第2期モウリーニョ政権最大のピンチを迎えている。

 アブラモビッチ会長も、このところの低調ぶりに怒り心頭のようだが、それでも、
モウリーニョ監督の即時解任にはつながらないという。このロシア人オーナーは、
ここでモウリーニョ監督を解任すれば、彼が再びクラブに戻ってくることはないと理解している。
衝動的な決断で後悔することのないよう踏みとどまっていると、レポートされている。
 
 本人曰く、「キャリア最悪の時」を過ごしているというモウリーニョ監督。自身最大のピンチを迎えているが、
未だクラブ幹部からの信頼は厚いようだ。
 
「チャンピオンになるのは難しい」と、今季のリーグタイトルに関してはすでに白旗を揚げているが、
自らを“スペシャル・ワン”と称するカリスマ指揮官は最低限のノルマとも言える「トップ4入り」に向けて闘志を燃やしている。

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151004-00010011-soccermzw-socc

続きを読む

続きを読む


 プレミアリーグは19日、第6節を各地で行った。スタンフォード・ブリッジではチェルシーとアーセナルが対戦。2人の退場者が出るなど激しい一戦となったがチェルシーが2-0で勝利し、ロンドンダービーを制した。

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150919-01103651-gekisaka-socc

続きを読む


スペシャルワンは、ダービー前もスペシャルだった。チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は、アーセナルとの試合を前にした会見でも、“らしさ”全開で記者たちを魅了している。

普段とはまた違う緊張感のあるダービーだ。アーセナルはミッドウィークのチャンピオンズリーグで、格下とみられたディナモ・ザグレブに敗れている。チェルシーは今季ここまでのプレミアリーグで1勝しかしていない。

こうした状況で迎える、ともに負けられないロンドンダービー。だが、チームを取り巻く雰囲気さえもコントロールするのが名将だ。試合前の会見で、モウリーニョ監督はよく目立つ攻撃的な発言ではなく、周囲を自分のペースに巻き込む言葉で魅了している。

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150918-00000026-goal-socc

続きを読む


現地時間16日(以下現地時間)に行なわれたチャンピオンズリーグ(以下CL)で、ホームでマッカビ・テルアビブ(イスラエル)を4対0と下したチェルシー(イングランド)。ジョゼ・モウリーニョ監督は久々の勝利に胸をなでおろした。

「非常に長いこと勝てていなかったから、勝利の味を忘れていたよ」

「君らが考えていることは分かる。我々はレアル・マドリーやバルセロナ(以上スペイン)、バイエルン(ドイツ)を倒したわけじゃない。しかし、誰にとっても負けた後に目覚めるのは非常に難しいと、想像できるだろう」と安堵した。

 また、「勝たなければいけない試合で、開始5分でのPK失敗は、良いテストとなった。そこからの巻き返しに満足したよ」と、MFエデン・アザールのPK失敗を乗り越えて4ゴールを奪ったチームを称えている。

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150917-00000016-ism-socc

続きを読む


UEFAチャンピオンズリーグ・グループ第1節でチェルシーとマッカビ・テル・アビブが対戦する。

昨季イングランド王者チェルシーの対戦相手はイスラエル王者マッカビ。戦力の差は歴然ながら、チェルシーにも不安要素はある。リーグ開幕5試合で1勝1分け3敗という、近年でも例を見ないスロースタートを切っており、ピッチ上のパフォーマンスからも昨季のようなエネルギーが感じられない。CLで勝利を収め、勢いをつけたいところだ。

チェルシーは先日、正守護神のティボー・クルトワが半月板の剥離骨折の手術を行い、約3ヶ月の離脱をすると発表した。そのため、このマッカビ戦では第2GKアスミル・ベゴビッチが先発すると見られている。左サイドバックの位置にはアウグスブルクから獲得したラフマン・ババが入ると見られている。

試合は日本時間17日午前3時45分キックオフ予定。

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150916-00010022-theworld-socc

続きを読む

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

今季5試合で2失点以上許す鉄壁守備崩壊  

昨季王者チェルシーは12日の敵地エバートン戦で1-3で完敗を喫した。第5節の段階で早くも昨季のリーグ戦と同じ3敗目となり、危機的状況に直面している。

 序盤からエバートンが主導権を握った。前半わずか9分にMFベシッチが負傷交代するアクシデントに見舞われたが、これが思わぬ好転をもたらした。代わりにFWネイスミスが投入されると前半17分にヘディングで、、22分に左足のミドルシュートによる連続得点を決めて、不振の王者をいきなり追い詰めた。  

 意地を見せたいチェルシーだが、エバートンの守備を前になかなか効果的な攻撃を仕掛けることができない。ジョゼ・モウリーニョ監督は流れを変えるためにボランチの位置にマティッチの相棒としてミケルを先発起用。普段ダブルボランチの一角に入ることが多いセスクが一列前の位置に入った。しかし、中盤から効果的なボールが前線に配給されず、攻撃の形をつくり出すことができない。  

 それでも36分、マティッチがペナルティエリア外から目の覚めるような左足のミドルを叩き込む。1点差に迫って前半を折り返した。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150912-00010013-soccermzw-socc

続きを読む

↑このページのトップヘ