タグ:クロップ

728: 2015/10/16(金) 17:27:53.52 ID:D4VPipm/0.net
新生リヴァプールがやや有利 データもクロップを後押し

就任早々、“ゲーゲンプレス”など仕掛けるはずがない。いや、仕掛けられない。ブレンダン・ロジャーズ体制下のリヴァプールは、守備面の約束事が曖昧だった。だれが第一ディフェンダーなのか、相手の攻撃を遅らせるのか、ボールを奪いにいくのか、明確なルールは設定されてはいなかった。

しかもユルゲン・クロップ新監督は、着任からわずか10日でアウェーのトッテナム戦を迎える。その間にインターナショナルマッチ・ウィークが入っていたため、多くの主力がメルウッドの練習場を離れていた。ゲーゲンプレスを云々する時間どころか、みずからのコンセプトを説明する時間も足りない。いきなり本領発揮を期待するのは、あまりにもムシがよすぎる。

さらに、ボルシア・ドルトムントを率いていた際にはおそらく経験していない、“ランチタイムキックオフ”の洗礼も待っている。通常の試合開始時間より2~3時間も早いため、睡眠時間、食事の摂取量などのコンディション調整が難しく、なおかつ今回はインターナショナルマッチ・ウィークの後だ。心身ともボヤケている選手も少なくはないだろう。

ダウンロード

続きはコチラ↓
http://www.jsports.co.jp/press/article/N2015101516450302.html
粕谷に有利と言われてしまった


続きを読む


リヴァプールは4日、チームを率いるブレンダン・ロジャーズ監督の解任を発表した。

 同監督は2012年6月に就任すると、2年目の2013-14シーズンにはプレミアリーグで最終節まで優勝争いを展開した。今シーズンはこれまで3勝3分け2敗の10位と苦しんでおり、4日に行われたリーグ戦第8節、エヴァートンとの“マージーサイド・ダービー”で引き分けに終わってから約3時間後の解任発表となった。

 セルビア紙『Pravdabl』は、ドルトムントを退団しフリーとなっているユルゲン・クロップ氏とすでに3年契約で合意に至ったと報じているが、クラブ側は「現在、新監督を探している。覚悟の上で早急に契約を結べることを願っている」と発表している。


ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151005-00356706-soccerk-socc

続きを読む

ダウンロード
続きを読む


昨シーズンまでドルトムントを率いていたユルゲン・クロップ氏は、プレミアリーグのクラブを指揮するよりもバイエルンを指揮することに興味を持っているようだ。英紙『デイリー・メール』が報じている。

 2008-09シーズンにドルトムント指揮官へ就任したクロップ氏は、MF香川真司が1回目に所属していた10-11シーズン、11-12シーズンとブンデス連覇に導いた。さらに、12-13シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ決勝に導くなど、7年間にわたってドルトムントを指揮。昨シーズン限りで退任していた。

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150917-01093899-gekisaka-socc

続きを読む


リヴァプールのレジェンドである元ドイツ代表MFディートマー・ハマン氏が、同クラブの次期監督としてドルトムントの前指揮官であるユルゲン・クロップ氏を推薦した。イギリス紙の『エクスプレス』が14日付で報じている。

 12日に行われたプレミアリーグ第5節で、マンチェスター・Uとの“ノースウェスト・ダービー”を1-3で落としたリヴァプール。これにより、チームを率いて4年目のブレンダン・ロジャーズ監督に対する否定的な見方が、早くもファンの間で生じているようだ。

ダウンロード

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150915-00350383-soccerk-socc

続きを読む

↑このページのトップヘ