セリエA第3節ユベントス対キエーボが行われ、1-1のドローで終わった。ユーベは勝ち点1を手にしたものの、いまだに勝ち星を挙げていない。

 アレグリ監督は「スクデットの言葉は無用」とナーバスになっていた。同監督は「失点はツキがなかったとしか言いようがない。ユーベが3試合の後、勝ち点1ポイントしか取れていないと、誰が予測できただろうか。順位的に見てもひどいものだ」と苦しい心の内を明かした。「3月の時点で3位以内に入るのが目標。スクデットという言葉は無用だ」とコメントした。

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150913-00000084-dal-socc 
 

続きを読む