2015年09月

続きを読む

続きを読む

image 

続きを読む


リーガ・エスパニョーラ第4節が20日に行われ、バルセロナとレバンテが対戦した。

 前節アウェーで強敵アトレティコ・マドリードに逆転勝利を収めたバルセロナは開幕3連勝を達成。補強禁止処分や負傷者の影響で選手層に不安を抱えるが、この試合ではDFダニエウ・アウヴェスがけがから復帰し先発に名を連ねた。対するレバンテはここまで勝ち星がなく14位に沈んでいる。

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150921-00352209-soccerk-socc

続きを読む


プレミアリーグ第6節が20日に行われ、日本代表DF吉田麻也の所属するサウサンプトンとマンチェスター・Uが対戦した。吉田は2試合ぶりに先発出場を果たしている。

 リーグ戦ここまで1勝3分け1敗でスタートダッシュに失敗したサウサンプトン。今節は、3勝1分け1敗のマンチェスター・Uをホームに迎えての一戦となった。サウサンプトンは、吉田が右サイドバックで先発出場。CBは、ジョゼ・フォンテとフィルヒル・ファン・ダイクがコンビを組み、左SBにはマット・ターゲットが入っている。

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150921-00352162-soccerk-socc

続きを読む


 19日に行われたプレミアリーグ第6節で、アーセナルはアウェーでチェルシーと対戦し、0-2の敗戦を喫した。試合後、アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は中継を行っていたイギリスメディア『BTスポーツ』のインタビューに応え、イギリス紙『ガーディアン』がコメントを伝えている。

不当だ。D・コスタにレッドカードが提示されるべきだったと思う。彼が退場になるべきシーンは2度あった」と、不満を口にした。

クロスが上がる直前をよく見てほしい。彼は故意にローラン・コシェルニーの顔を殴っていた。それから騒ぎだしたんだ。どんな試合でも挑発はあるが、彼は審判の死角でそれをやるから、罰せられることはない」と、結果的にガブリエウを退場に追い込むこととなったD・コスタの行為を批判している。

 一方で、「挑発に乗ってしまった我々も悪い。D・コスタはそのことだけを考えて、触れようものなら殺されたかのように倒れまわることなんて、試合前から知っていたのに」と同選手への批判を付け加えながらも、アーセナルの落ち度を反省した。

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150920-00351801-soccerk-socc

続きを読む


 リーガ・エスパニョーラ第4節が19日に行われ、レアル・マドリードとグラナダが対戦した。  

前節のエスパニョール戦で6-0の大勝を飾ったレアル・マドリードは、15日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節のシャフタール戦でも4-0の勝利を収め、調子を上げつつある。しかし、ブラジル代表DFダニーロとコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスらに続き、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスとウェールズ代表MFギャレス・ベイルも負傷離脱を強いられ、厳しい台所事情となっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150920-00351772-soccerk-socc

続きを読む


 プレミアリーグは19日、第6節を各地で行った。スタンフォード・ブリッジではチェルシーとアーセナルが対戦。2人の退場者が出るなど激しい一戦となったがチェルシーが2-0で勝利し、ロンドンダービーを制した。

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150919-01103651-gekisaka-socc

続きを読む


 19日までにテレビ局のドキュメント番組の中でのインタビューで選手自身が話したもの。モウリーニョとの関係について「カップルのような人間関係に似ていた。最初はすごくよくて、その後あったフィーリングがなくなった。実際僕の意識はレアル・マドリードより代表に向いた。でも練習をしっかりやらないとか、プロ意識が少ないとか、メディアへ内部情報が漏れ、その情報源は誰だとかいろいろ言われたけど、僕はクラブのことを思って(反論することなく)黙った。ほか何人かの選手たちもモウリーニョとうまく行っていなかったけど唯一処罰を受けたのは『イケル・カシリヤス』。そのことも分からない」と話した。

 もっともカシリャスはすでに過去のこととして考えるともしている。「時間の経過の中でこういったすべてのことは忘れられ、ゴールキーパーとしてのカシリャスだけが残ると思う。それぞれが自分の考え、スタイルがあり、僕はこういうタイプでこうあり続ける」。

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150919-00000080-dal-socc

続きを読む


 バルセロナが1月の移籍市場で大型補強に動く可能性が報じられている。18日にスペインメディア『Weloba』が伝えた。

 バルセロナは今夏、スペイン代表MFアレイクス・ビダルとトルコ代表MFアルダ・トゥランを獲得したものの、補強禁止処分により1月まで起用することができない。そして、スペイン代表FWペドロ・ロドリゲスがチェルシーへ移籍したことに加え、ブラジル代表MFラフィーニャが16日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節のローマ戦で右ひざ前十字じん帯断裂の重傷を負ったことを受け、冬の移籍市場での補強が必須になったと見られている。

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150919-00351555-soccerk-socc

続きを読む

↑このページのトップヘ