米MLSの下部リーグに相当するNASL(北米サッカーリーグ)のニューヨーク・コスモスに所属する元スペイン代表FWラウル(38)が15日、今季限りでの現役引退を表明した。鋭い得点感覚から「エル・ニーニョ(神の子)」などと呼ばれたラウルはクラブ公式サイトで「サッカーは人生の一部だったから、決断は難しかった。キャリアを通して支えてくれたみんなに感謝する」と発表した。

 レアル・マドリードの下部組織出身のラウルは、94年にクラブ最年少記録の17歳4カ月でトップデビュー。レアルでは16季プレーし、C・ロナウドに抜かれるまでクラブ最多記録だったリーグ戦228得点、公式戦323得点をマークして国内リーグ6度、欧州CL3度の優勝に貢献した。スペイン代表ではW杯3度出場など102試合44得点。今年加入したニューヨーク・コスモスは11月に今季を終了する。

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151017-00000040-spnannex-socc

続きを読む

728: 2015/10/16(金) 17:27:53.52 ID:D4VPipm/0.net
新生リヴァプールがやや有利 データもクロップを後押し

就任早々、“ゲーゲンプレス”など仕掛けるはずがない。いや、仕掛けられない。ブレンダン・ロジャーズ体制下のリヴァプールは、守備面の約束事が曖昧だった。だれが第一ディフェンダーなのか、相手の攻撃を遅らせるのか、ボールを奪いにいくのか、明確なルールは設定されてはいなかった。

しかもユルゲン・クロップ新監督は、着任からわずか10日でアウェーのトッテナム戦を迎える。その間にインターナショナルマッチ・ウィークが入っていたため、多くの主力がメルウッドの練習場を離れていた。ゲーゲンプレスを云々する時間どころか、みずからのコンセプトを説明する時間も足りない。いきなり本領発揮を期待するのは、あまりにもムシがよすぎる。

さらに、ボルシア・ドルトムントを率いていた際にはおそらく経験していない、“ランチタイムキックオフ”の洗礼も待っている。通常の試合開始時間より2~3時間も早いため、睡眠時間、食事の摂取量などのコンディション調整が難しく、なおかつ今回はインターナショナルマッチ・ウィークの後だ。心身ともボヤケている選手も少なくはないだろう。

ダウンロード

続きはコチラ↓
http://www.jsports.co.jp/press/article/N2015101516450302.html
粕谷に有利と言われてしまった


続きを読む


リヴァプールは4日、チームを率いるブレンダン・ロジャーズ監督の解任を発表した。

 同監督は2012年6月に就任すると、2年目の2013-14シーズンにはプレミアリーグで最終節まで優勝争いを展開した。今シーズンはこれまで3勝3分け2敗の10位と苦しんでおり、4日に行われたリーグ戦第8節、エヴァートンとの“マージーサイド・ダービー”で引き分けに終わってから約3時間後の解任発表となった。

 セルビア紙『Pravdabl』は、ドルトムントを退団しフリーとなっているユルゲン・クロップ氏とすでに3年契約で合意に至ったと報じているが、クラブ側は「現在、新監督を探している。覚悟の上で早急に契約を結べることを願っている」と発表している。


ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151005-00356706-soccerk-socc

続きを読む


アーセナル 3-0 マンチェスター・U

【得点者】
1-0 6分 アレクシス・サンチェス(アーセナル)
2-0 7分 メスト・エジル(アーセナル)
3-0 19分 アレクシス・サンチェス(アーセナル)

image

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151005-00356596-soccerk-socc

続きを読む

1: 2015/10/04(日) 19:29:59.93 ID:???*.net
アブラモビッチ会長は怒り心頭も、即時解任はなし

 不振にあえぐプレミアリーグ王者チェルシーは、引き続きジョゼ・モウリーニョ監督にその命運を託すことを決めたようだ。
英地元紙「デイリー・メール」によれば、10月3日のサウサンプトン戦に1-3で敗れた試合後、
このポルトガル人指揮官は、ロマン・アブラモビッチ会長ら役員を交えて緊急会談を行い、続投の方向で意見が固まったという。

チェルシーは現在、リーグ戦の成績が2勝2分4敗と負けが先行。盤石の戦いぶりでリーグを制した
昨季の敗戦数(3敗)をすでに上回った。試合後に辞任する意思がないことを明かしていたが、
暫定16位に沈むなど、2013年夏に発足した第2期モウリーニョ政権最大のピンチを迎えている。

 アブラモビッチ会長も、このところの低調ぶりに怒り心頭のようだが、それでも、
モウリーニョ監督の即時解任にはつながらないという。このロシア人オーナーは、
ここでモウリーニョ監督を解任すれば、彼が再びクラブに戻ってくることはないと理解している。
衝動的な決断で後悔することのないよう踏みとどまっていると、レポートされている。
 
 本人曰く、「キャリア最悪の時」を過ごしているというモウリーニョ監督。自身最大のピンチを迎えているが、
未だクラブ幹部からの信頼は厚いようだ。
 
「チャンピオンになるのは難しい」と、今季のリーグタイトルに関してはすでに白旗を揚げているが、
自らを“スペシャル・ワン”と称するカリスマ指揮官は最低限のノルマとも言える「トップ4入り」に向けて闘志を燃やしている。

ury92IYQUKjKanX1437372301_1437375450

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151004-00010011-soccermzw-socc

続きを読む

続きを読む

↑このページのトップヘ